MENU

愛犬と楽しむ最上級のリゾート

ニュース

2016年12月26日

見ごろの花 ‐ 初冬 ‐

広大な敷地を持つ「小谷流の里 ドギーズアイランド」では随所において、四季折々で自然美の花々や樹々のコンチェルトが楽しめます。
本物の輝きを放つお気に入りの花を見つければ、きつと幸せな気分に浸れるはず!

 

■山茶花(さざんか)

%e3%81%95%e3%81%96%e3%82%93%e3%81%8b
科名 ツバキ科ツバキ属
学名 カメリアサザンカ
花期 10月~2月
別名 姫椿(ヒメツバキ)岩花火(イワハナビ)
赤・白・ピンク
花言葉 赤:謙譲/あなたがもっとも美しい
白:愛嬌/あなたは私の愛を退ける
ピンク:永遠の愛

山茶花は、日本原産の常緑性の低木で、温暖な本州の以南の地域に自生しています。江戸時代から庭木として広く利用され、生垣などで見かけることがあります。園芸品種が豊富で、300種類以上あるとされ、花色や花の咲き方はバリエーションに富んでいます。中国でツバキ科の植物を指す「山茶(さんさ)」が名前の語源で、この漢字の読み方が「サンサカ」と訛って、次第にサザンカという読み方が定着していったとされています。

 

■ベロニカ グレース(グレースは品種名)

%e3%83%99%e3%83%ad%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9
科名 ゴマノハグサ科
学名 ベロニカ
花期 5~6月の初夏 10月から11月秋
別名 姫椿(ヒメツバキ)岩花火(イワハナビ)
赤・白・ピンク
花言葉 『忠実』『名誉』
『女性の貞節』『明るい家庭』
『人のよさ』『堅固』

新約聖書に登場する聖女ベロニカと、名前の綴りがおなじことにちなんで花言葉が付けられました。聖女ベロニカとは、十字架を背負ったキリストの汗を拭った女性とされています。 パッと目を引く鮮やかな青紫色の花と 濃緑から銅色に変化する葉とのコントラストが素敵な多年草です。graceという言葉は「優雅」「優美」「気品」や「上品」という意味があるそうです。